脊柱管狭窄症や悪性リンパ腫を知る|効果的な治療方法を知る

悪性リンパ腫の治し方

看護師

悪性リンパ腫とは白血球内のリンパ球ががん化してしまった状態のことを言います。高齢者に多く発症する悪性リンパ腫ですが、全身の各細胞や臓器に発生するのが特徴です。悪性リンパ腫は白血病や多発性骨髄腫などと並ぶ、血液の3大悪性腫瘍や3大血液がんと言われています。血液のがんは転移しやすく、治りにくい病気というイメージが色濃く残っています。ですが医療の進歩によって悪性リンパ腫を始め、その他の血液のがんは治療を受けることで、しっかりと治すことが出来る病気の1つになっているのです。

悪性リンパ腫の基本的な治療方法としては、放射線治療や化学療法などがメインで行われます。また悪性リンパ腫の種類によっては、生物学的製剤療法を組み合わせることで治療効果をさらに高めることが可能です。また悪性リンパ腫に対する最新の治療法としては、造血幹細胞移植療法や、分子標的薬療法などもあります。放射線治療や化学療法を行なって治療を進めても、再発リスクが低下しないと判断された場合には大量の抗がん剤や放射線照射がされることも珍しくありません。ですがその場合、様々な副作用のリスクが発生してしまうのです。血液生成機能が壊されてしまうのも副作用の1つです。血液が十分に生成されないと生命の危機にも繋がります。そこで登場するのが造血幹細胞移植です。造血幹細胞移植では、健康な造血幹細胞を移植することで血液生成機能を回復させることが出来ます。また比較的に進行スピードが遅い悪性リンパ腫の場合、経過観察療法が選択されることもあります。悪性リンパ腫の治療は、病気の症状や患者さんの体力、病気の進行スピードなどに合わせて最適な治療を選ぶことが大切なのです。